2013年07月28日

【航空】人力ヘリコプター、史上初の快挙達成

1:2013/07/26(金) 00:33:34.78 ID:

人力ヘリコプター、史上初の快挙達成
Nancy Shute for National Geographic News July 25, 2013

ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130725003
ご依頼いただきました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1371639636/122

航空分野で最高クラスの賞の1つに、「シコルスキー人力ヘリコプター賞」がある。創設以来、30年以上受賞者がゼロという
難関だったが、今年ついにその壁を破る覇者が誕生。偉業を成し遂げたのはカナダのトロント大学を母体とするチーム
「アエロベロ」の「アトラス号」で、見た目は航空機というよりも巨大なシーリングファンに近い。

人力ヘリコプター、史上初の快挙達成
http://kagakuman.up.seesaa.net/4d0a7b8f.jpg

アメリカのメリーランド大学航空宇宙工学科のチームも2012年、「ガメラ2号」で惜しいところまでいったが、
あと一歩届かなかった。アエロベロには、賞金25万ドル(約2500万円)が贈られる。

◆人力ヘリコプターの夢
シコルスキー賞が求める条件は次の通り。「60秒間浮上」し、「少なくとも1度、最下部が地上3メートルの高さまで到達」、
「その間、操縦席の位置が10メートル四方の範囲から出ない」。機体や乗員にもいろいろルールがあるが、
飛行に関してはこれだけだ。しかし、アメリカヘリコプター協会(AHS)が1980年に賞を創設して以来、浮上に成功した
機体でさえわずか5機しかない。
ヘリコプターを浮上させ高度を維持する試みは、固定翼機に比べてはるかに難しいといわれている。
カリフォルニア州立工科大学サンルイスオビスポ校の工学者ビル・パターソン(Bill Patterson)氏は、
「空気力学的に大量のパワーを必要とする。前進できるのなら、速度のおかげで多くの空気をつかめるのだが」と
条件の厳しさを語る。同氏のチームがかつて開発した「ダビンチIII」は、シコルスキー賞に挑んで初めて浮上に成功した
人力ヘリコプターである。

◆サイズの問題
パターソン氏のチームは、創設された直後から賞を狙っていた。1989年、ようやく浮上に成功するが、高さ20センチ、滞空時間
7秒が限界だった。その機体は、操縦席の上で長さ約15メートルの2枚のブレードが回転するヘリコプターらしい姿をしていた。
しかし、サイズを大きくしないと浮上できない。大きくすると重くなり、制御も難しくなる。「まるで猛獣使いの気分だった」と
パターソン氏は話す。
猛獣を飼いならす方法を編み出したのが日本大学のチーム。開発した「YURI-I号」は20メートル四方のX型のフレームを持ち、
各4カ所の先端に長さ5メートルの回転ブレードが取り付けられていた。このアイディアで、巨大なサイズと軽量化を実現。
4つの回転翼が互いにバランスを取る仕組みも導入し1994年、浮上に成功する。
以来、アトラス号やガメラ2号を含め、人力ヘリコプターはすべて、日本人が発明した「X型のフレームに4つの回転翼」という
デザインを踏襲。2009年、メリーランド大学がガメラプロジェクトを開始し、3年後にYURI-I号の記録を更新する。

◆勝利への道
ガメラプロジェクトの成功に刺激を受け、人力羽ばたき機の開発などに取り組んでいたトロント大学のチームが昨年、
人力ヘリコプターの開発に参加を決断する。
2013年春には、両チーム間の競争が激化。どちらのチームも、賞の条件を1つずつクリアしていった。
2013年6月13日、ついにトロント大学のアトラス号が1回のフライトで3条件を見事クリア。7月11日、正式にシコルスキー賞の
受賞が発表された。
チームリーダーのキャメロン・ロバートソン(Cameron Robertson)氏は、「ようやくコントロールが可能になった。
3メートルの高さや60秒の滞空時間は達成できていたが、“箱”の中に留まるのが難しい」と語る。
チームは発想を転換。機体の柔構造を逆に利用して、中心部の操縦席と回転翼の部分をワイヤでつなぎ、
パイロットが体を傾けると回転翼も傾く仕掛けを編み出した。
「直感的に操縦できるようになって、反応も速くなった」とロバートソン氏は話す。「この方法だと、重量も8%軽くて済む」。
歴代の人力ヘリコプターは非常に繊細な作りで、屋外での飛行は難しい。しかし、アトラス号のシンプルな制御方法のおかげで、
事前のバランス調整作業は大幅に軽減された。いずれオリンピック競技に採用される日を夢見て、アトラス号を生み出したチーム
「アエロベロ」は、既に次の目標に向かっている。
4:2013/07/26(金) 01:12:47.08 ID:
鳥人間コンテストにヘリ部門を設けるべきだったな
6:2013/07/26(金) 01:18:54.91 ID:
>>1
動画はれよ

これだろ
公開日: 2013/07/11
Atlas Human-Powered Helicopter - AHS Sikorsky Prize Flight

On June 13th, 2013, the AeroVelo Atlas Human-Powered Helicopter captured the long standing AHS Sikorsky Prize with a flight lasting 64.1 seconds and reaching an altitude of 3.3 metres.

3.3メーター浮上か・・
本当に人力で空に浮かんでてワロスw
12:2013/07/26(金) 05:06:00.64 ID:
人力だから大きくなるんじゃね?

【PR】
今の時代にマッチする稼ぎ方を無料で公開!最新完全無料のアプリも多数あり!

インターネットビジネス最新情報館

【PR】
ネットビジネスに興味がある方、初心者、実践者など交流する場所です。facebookページを持っている人は、「いいね!」獲得のチャンス!

ネットビジネス「いいね!」交流会
18:2013/07/26(金) 07:50:37.03 ID:
鳥人間であんだけやってても日本人にはできないこと
28:2013/07/26(金) 10:17:21.85 ID:
>>4
浮上じゃなくてダイブするだけのならあったよ。
あの番組は基本滑空機用のあれで全部やるのが間違いだわ。
30:2013/07/26(金) 11:03:58.99 ID:
どうやって動力をプロペラに伝えているんだ?
31:2013/07/26(金) 11:21:23.48 ID:
動画すげえと思ったけど、関連動画でリンク踏んだこっちにわくわくした。

ttps://
33:2013/07/26(金) 11:42:51.71 ID:
よく読むと日本のチームのメカデザインが
世界のスタンダードになってるらしいね
34:2013/07/26(金) 11:55:06.82 ID:
>>30
糸を巻き取っているんじゃないか
動画をじっくり見ると、ペダル軸が釣り道具のリールの様になってるが
51:2013/07/26(金) 14:12:12.09 ID:
AtlasチームがYuri 1の展示を訪れた話(今月)
http://www.aerovelo.com/2013/07/06/visiting-the-yuri-i-in-japan/

この4つのローターのデザイン、低出力の回転翼機で安定性を高めるデザインとして着目され、
2000年代に入ってラジコンヘリでの採用例がすごく増えたみたいね
http://en.wikipedia.org/wiki/Quadcopter
55:2013/07/26(金) 19:28:34.10 ID:
予想よりデカかった

空気抵抗大きくなるし強度考えると重くなるはずだけど、ゆっくり回るのとプロペラの間が離れてるので安定するんだろうか?
61:2013/07/26(金) 22:40:23.46 ID:
>>51
これで日本製オスプレイ作れば…
67:2013/07/27(土) 01:22:08.28 ID:
>>6
賞の名前にふさわしい壮大な自己満足だな、良い意味で。あっぱれとしか言いようがないwwwww
68:2013/07/27(土) 01:23:47.48 ID:
>>1
素晴らしい!!

おめでとう!!
71:2013/07/27(土) 08:29:15.54 ID:
>>51
流行りのクアッドコプターって日大のが大元だったのか。知らんかった…
73:2013/07/27(土) 09:06:39.02 ID:
>>67
>賞の名前にふさわしい

「シコルスキー人力ヘリコプター賞」
シコルスキー が日本語でオナニー好きに聞こえるって意味かwww

ローターもあるでよ?
77:2013/07/27(土) 20:39:35.08 ID:
>>31
コメツキムシみたいだな。

【PR】
今の時代にマッチする稼ぎ方を無料で公開!最新完全無料のアプリも多数あり!

インターネットビジネス最新情報館

【PR】
ネットビジネスに興味がある方、初心者、実践者など交流する場所です。facebookページを持っている人は、「いいね!」獲得のチャンス!

ネットビジネス「いいね!」交流会
posted by 科学マン at 04:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。