2013年09月04日

禁煙で太る原因、大食ではなく腸内細菌か/スイス研究

1:2013/09/04(水) 00:08:13.81 ID:

【8月30日 AFP】禁煙した人が太りやすい理由は、食欲が増すことだけではなく、腸内細菌の変化に
あるかもしれないとの研究論文が29日、米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で発表された。

 これまでの研究では、禁煙すると最初の1年間で体重が平均4〜5キロ増加することが明らかになっている。

 だが、スイスのチューリヒ大学病院(Zurich University Hospital)の研究者らが発表した論文によると、
体重が増加する原因は、禁煙前よりも多くの量を食べていることにはないかもしれないという。

 禁煙後にカロリー摂取量を減らした人でも太る傾向があると指摘するゲルハルト・ログラー(Gerhard
Rogler)教授は、たばこをやめた人の腸内細菌叢(そう)の組成に生じる変化が体重増加の原因かもしれないことを、
他の研究者らと共に突き止めたと話している。禁煙すると腸内の細菌株の多様性が変化し、肥満症患者の腸内に
多くみられるプロテオバクテリアとバクテロイデスという2種類の細菌が増えることが明らかになったという。

 これらの細菌は、エネルギーを非常に効率良く使用し、消化されにくい食物繊維を分解すると考えられている。
結果として、食べ物が排せつ物として体外に排出されずに、通常よりも多く脂肪に変換されることになる。

 スイス国立科学財団(Swiss National Science Foundation)の支援を受けて行われた今回の研究では、
ボランティア20人が9週間にわたって提供した便のサンプルに含まれる腸内細菌の遺伝子的特徴を調査した。
ボランティアの構成は、非喫煙者5人、喫煙者5人、調査開始後1週間で禁煙した人が10人だった。

 喫煙を続けた人と非喫煙者との間で、腸内細菌の構成にほとんど差は見られなかった。だが、
禁煙したばかりの人では、プロテオバクテリアとバクテロイデスの数が増加に向かうという明らかな変化が
見られることが調査でわかった。

 この調査で禁煙した人は、飲食習慣は禁煙前と変わらなかったと話したが、体重は調査期間中に
平均2.2キロ増加していた。

 研究者らは体重増加と細菌叢の構成の変化の間の明白な関連性を証明していないが、ログラー教授は、
その可能性を示唆する研究は他にも多数あると指摘。これらの発見によって生じる多くの疑問に答えるには、
さらなる研究が必要だという。

 だがログラー教授は、環境が消化管機能にどのような影響を及ぼすかにさらなる注意を払うべきなのは明らかだ
と述べている。「禁煙した人が前より多く食べていないのに太るという話を真に受ける人は誰もいなかった。
おそらくわれわれはただ単に、人の話をもっと前向きに信じようとするべきなのだろう」(c)AFP

▽画像 フィリピン首都マニラ(Manila)でたばこを吸う男性(2013年3月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/NOELCELIS


▽記事引用元 AFPBB News( 2013年08月30日 10:26)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2964884/11264946


▽PLOS ONE
「Protein Tyrosine Phosphatase Non-Receptor Type 22 Modulates NOD2-Induced Cytokine Release and Autophagy」
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0072384
続きを読む
posted by 科学マン at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

泳げないはずのヒト以外の霊長類が、平泳ぎや飛び込みをする姿が観察される

1:2013/08/17(土) 17:08:16.39 ID:

【8月15日 AFP】泳ぐチンパンジーや水に飛び込むオランウータン──大昔に霊長類が失ったと思われていた
水泳能力を目撃した科学者らが14日、驚きの発表を行った。

 米国で飼育された霊長類2匹を撮影し、観察した南アフリカのウィットウォーターズランド大学
(University of the Witwatersrand)解剖学科のレナート・ベンダー(Renato Bender)氏と
スイス・ベルン大学(University of Bern)のニコル・ベンダー(Nicole Bender)氏の2人の進化学者は声明で
「米ミズーリ(Missouri)州のプールで、チンパンジーの『クーパー』が何度も飛び込み、気持ちよさそうにしているのを
見て大変驚いた。水を大変怖がると考えられている動物の、非常に驚くべき行動だ」と述べている。
 また2人は米サウスカロライナ(South Carolina)州にある民間動物園で、「スリア」と名付けられたオランウータンが泳ぐのも観察した。

 哺乳類の大半がいわゆる「犬かき」を本能的にできるのに対し、人間や霊長類は生まれつきではなく学習しなければ泳げない。
だが、人間に育てられたクーパーとスリアは2匹とも平泳ぎで使う「フロッグキック」に似た足の動きで泳いだという。(c)AFP

▽画像 独ハノーバー(Hanover)の動物園で飼育されるオランウータンの母子(2013年6月9日撮影)。
(c)AFP/DPA/SEBASTIANKAHNERT


▽記事引用元 AFPBB News( 2013年08月15日 16:03)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2961975/11177117
続きを読む
posted by 科学マン at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

東大、「量子テレポーテーション」を100倍以上高効率化−無条件動作可能な新方式

1:2013/08/15(木) 08:47:26.45 ID:

東京大学大学院工学系研究科の古澤明教授と武田俊太郎大学院生らは、
量子ビットの情報を遠隔地に送る「量子テレポーテーション」技術を従来比100倍以上の
高効率で実現した。絶対に安全な量子暗号通信や超高速な量子コンピューターの実用化が
近づく。詳細は15日発行の英科学誌ネイチャーに掲載される。


 光子の量子ビットを、光の振幅や位相を転送する「光の波動の量子テレポーテーション装置」
を使って遠隔地に送る。この装置は無条件で常に動作させられるうえ、従来手法の100倍以上
となる61%の高効率で量子ビットの情報を劣化させることなく転送できる。


 従来手法は、転送後に量子ビットを測定して転送できたかどうかを判定する必要があり、
量子ビットの転送効率も原理的に上げることは不可能だった。


 新方式は転送後の判定が不要な無条件動作が可能。今後、用いる光のエネルギーを
高めることで、原理的に100%近くまで転送効率を高められるという。
古澤教授は「従来の欠点を全て克服した完全な量子テレポーテーションを実現した」と話している。


 このテレポーテーション装置を1単位として、二つ、三つと多段階にシステムを拡張していけば、
従来方式の1万―100万倍の高効率な転送が可能になるという。こうした多段階の装置の接続により、
量子通信の長距離化や大規模な計算が可能な量子コンピューターなどを構築できる。

(ニュースソース)朝日新聞
http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201308150003.html
続きを読む
posted by 科学マン at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

【生物】殻を割ったニワトリの卵の中身を透明な容器に入れて、ひよこにふ化させる実験に成功

1:2013/08/06(火) 23:17:13.37 ID:

殻を割ったニワトリの卵の中身を透明な容器に入れてひよこにふ化させる実験に
千葉市の高校教諭が成功し実験で使う卵を死なせずにふ化の様子を詳しく観察する
学校の授業などに応用できると期待されています。

実験に成功したのは、千葉市中央区にある県立生浜高校の田原豊教諭(60)です。
高校の生物の授業では殻を割ったニワトリの卵を使ってひよこにふ化する様子を観察しますが、
成長の過程で死んでしまうため田原教諭は命を奪うことなく観察ができないか
30年間にわたって実験を続けてきました。

田原教諭が実験を続けた結果、殻を割った卵の中身を通気性のよいラップフィルムや
プラスチック製のコップで作った容器に入れ温度や湿度をある条件に保つことでふ化させることに成功しました。
この方法で、去年6月に初めて誕生したひなは順調に成長していて、
ふ化の成功率も50%を超えるようになったということです。

この実験をまとめた論文は高校の生物の教諭で作る日本生物教育会で最高賞の「金賞」が贈られることになりました。
田原教諭は「貴重な卵が割れた場合でもこの技術を使うことで命を救うことができると思う」と話しています。

ソース:NHK(8月6日 4時57分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130806/k10013569661000.html
※ソース元にニュース動画あり
画像:実験の様子
続きを読む
posted by 科学マン at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ロケットを「ハンマー投げ」のように宇宙まで放り投げる装置:スリンガトロン

1:2013/08/03(土) 20:15:36.34 ID:

まるで「ハンマー投げ」のように、ロケットを放り投げて宇宙まで到達させよう、という斬新な技術開発プロジェクトが登場した。
米国の技術ヴェンチャー企業、ハイパー・ヴィー・テクノロジーズ社が提唱する「スリンガトロン」だ。
スリンガトロンの実証試験を行うため、Kickstarterでのクラウドファンディングも始まっている。

19世紀の末、コンスタンチン・ツィオルコフスキーが宇宙まで到達できるロケットの原理を発明して以来、ロケットの性能やサイズは格段に進歩したが、
基本となる原理は100年以上まったく変わっていない。
理論上、ロケットが地球の周回軌道に乗るためには、秒速およそ8km以上の速度が必要になる。
ロケットはこの速度まで加速するため、膨大な量の燃料(液体水素・酸素や種々の固体推進薬)を搭載している。
実際、現存するロケットは、その重量のほとんどが燃料で占められ、最終的に宇宙に送り込めるペイロードの重量は、
打ち上げ時のロケット重量の数%にすぎない。ロケットは、まるで「膨大な燃料を打ち上げている」ようなものだ。

この問題を解決し、より多くのペイロードを宇宙へ送り込むための、ひとつの方法(そして、最も素朴な方法)は、
ロケットに燃料を搭載するのではなく、何らかの方法で外部から力を加えて、ロケットを加速することだ。
すなわち、ロケットを宇宙空間めがけて「放り投げて」やればよい。例えば、陸上競技のハンマー投げのように……。

この古くて新しいアイデアを本気で実現しようというのが、ハイパー・ヴィー・テクノロジーズ社が提唱する「スリンガトロン」だ。
スリンガトロンの原理は、まさにハンマー投げそのもの。
ハンマー投げでは、鎖をつけた重りを振り回して加速するが、スリンガトロンでは鎖の代わりに巨大な渦巻状のレールを使う。
このレールの中心に物体を置き、レール全体をある周期で振動させると、物体は渦巻状のレール上を外側へ移動しながら、徐々に加速される。
これは、ハンマー投げで、重りを一定の角速度で回しながら鎖の長さを徐々に長くすると、重りが加速されるのと同じ原理だ。


ソース:ロケットを「ハンマー投げ」のように宇宙まで放り投げる装置:スリンガトロン /WIRED
http://wired.jp/2013/08/03/slingatron/

イメージ:
スリンガトロンの構想図。直径200?300mの、巨大な蚊取り線香のような渦巻状のレールを振動させ、レール上の物体を加速する。

ハイパー社は小型のスリンガトロンを試作し、200gの物体を秒速100mまで加速することに成功している。


動画:ハイパー社作成のスリンガトロンの作動原理のアニメーション(8秒)
続きを読む
posted by 科学マン at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

【環境】北極圏の永久凍土が解けメタン放出で 世界の被害60兆ドル

1:2013/07/28(日) 23:39:56.76 ID:

北極圏:永久凍土解けメタン放出で 世界の被害60兆ドル
毎日新聞 2013年07月28日 21時22分


北極圏の永久凍土が解けて温室効果ガスのメタンが大気中に放出されると、
地球温暖化が加速して被害額が全世界で60兆ドル(約6000兆円)増えるとの試算をオランダと英国のチームがまとめた。
北極圏開発への期待が高まる中、チームは「(メタンという)“時限爆弾”にもっと注意を払うべきだ」と警告する。
英科学誌ネイチャーに掲載された。

メタンは、温暖化に及ぼす影響が二酸化炭素の25倍にも上る強力な温室効果ガス。
チームは東シベリア海の海底凍土層に閉じ込められたメタン500億トンが2015?25年にかけ大気中に放出され、世界の平均気温上昇が加速すると想定。
海面上昇、洪水などによる2200年までの経済影響を試算した。

その結果、対策なくメタンがそのまま放出された場合は、被害が累計で60兆ドル増えるという結果になった。
被害の8割はアフリカ、アジア、南米の途上国に集中するという。

北極圏には、世界の未開発の天然ガスの3割、石油の13%が眠っているとされる。
温暖化で氷が解ければ、資源確保や航路開拓が容易になる可能性が高いが、チームは「被害は資源採掘などの短期的な利益をはるかに上回る」と指摘する。【大場あい】
______________

▽記事引用元 毎日jp 2013年07月28日 21時22分配信記事
http://mainichi.jp/select/news/20130729k0000m040036000c.html

▽関連リンク
Nature 499, 401?403 (25 July 2013) doi:10.1038/499401a
Published online 24 July 2013
Climate science: Vast costs of Arctic change
http://www.nature.com/nature/journal/v499/n7459/full/499401a.html
続きを読む
posted by 科学マン at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【天文】アンドロメダ銀河も1度で全体像を鮮明に撮影可能、すばる望遠鏡世界最大の視野に 新カメラで宇宙探査へ/国立天文台

1:2013/08/01(木) 23:37:11.20 ID:

 世界最高級の性能を誇る米ハワイ島のすばる望遠鏡で、目に相当する巨大なカメラを交換し、大幅な性能アップを
達成したと国立天文台が31日、発表した。すばる望遠鏡の特長だった広い視野をさらに7倍近く広げ、
一度に観測できる範囲はこのクラスの望遠鏡で世界最大となった。 

 望遠鏡の中心的な装置となるカメラの交換は、1999年の観測開始から初めて。新カメラを使って過去に
例のない規模の宇宙の探査に乗り出し、宇宙最大の謎である暗黒物質や暗黒エネルギーの解明に挑戦する。 

 天文台は新カメラの初画像として、ハワイから最も大きく見える銀河のアンドロメダ銀河の姿を公開した。
これまで部分的に撮影して合成していたが、一度にほぼ全体を撮影できた。極めて鮮明な画像で、
一つ一つの星を判別できるという。

▽画像 すばる望遠鏡の新カメラが撮影した初画像として公開されたアンドロメダ銀河。
一度にほぼ全体を撮影でき、一つ一つの星を判別できる(国立天文台HSCプロジェクト提供


▽記事引用元 産経新聞(2013.7.31 16:48)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130731/scn13073116500004-n1.htm


▽国立天文台プレスリリース
http://www.naoj.org/Topics/2013/07/30/j_index.html
続きを読む
posted by 科学マン at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

【頑張れBカップ】おっぱいはノーブラだと1年間に7ミリずつ大きくなります

1:2013/07/31(水) 06:27:24.50 ID:

 美しいボディラインや姿勢、上向きバストを演出するためには、自分に合った正しいブラ
ジャーを身につけることが重要だという話を聞いたことがある人は多いはず。

 ところが、"美しい胸をキープするためにはノーブラが一番"という驚きの研究結果が発表
されたのです! 

 ノーブラで生活をするなんて、加齢と重力には勝てる気がしないのですが......。

 一体どういうことなのでしょう。詳しい内容をご紹介します。

ブラジャーはバストの成長を妨げる!?

 フランスのフランシュ・コンテ大学のスポーツ科学者Jean-Denis Rouillon氏は、およそ
15年間に渡ってバストサイズの違う女性130人を対象に、数か月から数年の間"ノーブラで
過ごしてもらう"という実験を行いました。

 その間、Rouillon氏は定期的に彼女たちのバストを測定。その結果、彼女たちのバストトップ
の位置は、1年間で平均7ミリもアップするという驚きの 結果に! つまり、「ブラジャーを
身につけない状態でいると、バストを美しくキープでき、バストアップも促す」ということが
分かったのです。
 
 さらに、胸が垂れる心配もなく、胸元周辺の肌質も良くなる上、体の動きを制限されたり、
背中に痛みを感じたりするという、ブラジャーを身につけていると起こりやすい問題もなかった
そう。

 また、Rouillon氏によると、研究に参加した42%の女性が、最初の3か月間はノーブラで
過ごすことに違和感を感じていたとのことですが、それ以降は気にならなくなったのだとか。

そーす★(ゝω・)vキャピ
http://n-knuckles.com/woman/body/news000103.html
続きを読む
posted by 科学マン at 20:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

【公衆衛生】世界10大死因に変化、「気管・気管支癌と肺癌」が7位に上昇 喫煙のリスクを喚起/WHO

1:2013/07/28(日) 06:58:34.44 ID:

世界保健機関(WHO)はこのほど最新情報を発表し、「直近の統計結果によると、世界10大死因の内容と順位に
現在、一部の変化が生じた」との見方を示した。過去10年間の10大死因の1−6位は、冠状動脈心臓病
(12.9%)、脳卒中(11.4%)、下気道感染(5.9%)、慢性閉塞性肺疾患(5.4%)、下痢(3.5%)、エイズ(2.9%)の
順となっており、この順序に変化は生じなかった。しかし7−10位の死因については、比較的大きな変化が
あった。うち気管・気管支癌と肺癌(2.7%)が、2000年の9位から7位に浮上した。糖尿病(2.6%)は8位に、
道路交通事故(2.3%)は9位に順位を上げた。早産(2.2%)は、7位から10位に順位を落とした。光明日報が
伝えた。

肺結核(1.8%)は上位10位から除外されたが、依然として15位以内となり、2011年だけでも100万人が
肺結核により死亡した。慢性疾患が現在、世界範囲の重要な死因になりつつある。2011年には150万人
(死亡者総数の2.7%)が肺癌(気管・気管支癌を含む)によって死亡したが、この数値は2000年の時点では
120万人(2.2%)だった。

2011年には1日あたり3500人が道路交通事故により命を落とし、この数値は2000年から700人以上増加した。
2011年に心血管疾患により1700万人が死亡したが、これは10人の死者のうち3人が心血管疾患により
亡くなったことを意味する。そのうち700万人は冠状動脈心臓病、620万人は脳卒中によって死亡した。

統計データによると、2011年には世界で5500万人が死亡し、伝染病以外の死因が3分の2を占め、2000年の
60%を上回った。伝染病以外の4大疾病は、冠状動脈心臓病、癌、糖尿病、慢性肺疾患となった。

喫煙の健康への影響について、WHOはいくつかの死因における喫煙の潜在的なリスク(特に心血管疾患、
慢性閉塞性肺疾患、肺癌との高い関連性)を強調した。

http://www.spc.jst.go.jp/news/130704/topic_5_03.html
続きを読む
posted by 科学マン at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

【航空】人力ヘリコプター、史上初の快挙達成

1:2013/07/26(金) 00:33:34.78 ID:

人力ヘリコプター、史上初の快挙達成
Nancy Shute for National Geographic News July 25, 2013

ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130725003
ご依頼いただきました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1371639636/122

航空分野で最高クラスの賞の1つに、「シコルスキー人力ヘリコプター賞」がある。創設以来、30年以上受賞者がゼロという
難関だったが、今年ついにその壁を破る覇者が誕生。偉業を成し遂げたのはカナダのトロント大学を母体とするチーム
「アエロベロ」の「アトラス号」で、見た目は航空機というよりも巨大なシーリングファンに近い。

人力ヘリコプター、史上初の快挙達成
http://kagakuman.up.seesaa.net/4d0a7b8f.jpg

アメリカのメリーランド大学航空宇宙工学科のチームも2012年、「ガメラ2号」で惜しいところまでいったが、
あと一歩届かなかった。アエロベロには、賞金25万ドル(約2500万円)が贈られる。

◆人力ヘリコプターの夢
シコルスキー賞が求める条件は次の通り。「60秒間浮上」し、「少なくとも1度、最下部が地上3メートルの高さまで到達」、
「その間、操縦席の位置が10メートル四方の範囲から出ない」。機体や乗員にもいろいろルールがあるが、
飛行に関してはこれだけだ。しかし、アメリカヘリコプター協会(AHS)が1980年に賞を創設して以来、浮上に成功した
機体でさえわずか5機しかない。
ヘリコプターを浮上させ高度を維持する試みは、固定翼機に比べてはるかに難しいといわれている。
カリフォルニア州立工科大学サンルイスオビスポ校の工学者ビル・パターソン(Bill Patterson)氏は、
「空気力学的に大量のパワーを必要とする。前進できるのなら、速度のおかげで多くの空気をつかめるのだが」と
条件の厳しさを語る。同氏のチームがかつて開発した「ダビンチIII」は、シコルスキー賞に挑んで初めて浮上に成功した
人力ヘリコプターである。

◆サイズの問題
パターソン氏のチームは、創設された直後から賞を狙っていた。1989年、ようやく浮上に成功するが、高さ20センチ、滞空時間
7秒が限界だった。その機体は、操縦席の上で長さ約15メートルの2枚のブレードが回転するヘリコプターらしい姿をしていた。
しかし、サイズを大きくしないと浮上できない。大きくすると重くなり、制御も難しくなる。「まるで猛獣使いの気分だった」と
パターソン氏は話す。
猛獣を飼いならす方法を編み出したのが日本大学のチーム。開発した「YURI-I号」は20メートル四方のX型のフレームを持ち、
各4カ所の先端に長さ5メートルの回転ブレードが取り付けられていた。このアイディアで、巨大なサイズと軽量化を実現。
4つの回転翼が互いにバランスを取る仕組みも導入し1994年、浮上に成功する。
以来、アトラス号やガメラ2号を含め、人力ヘリコプターはすべて、日本人が発明した「X型のフレームに4つの回転翼」という
デザインを踏襲。2009年、メリーランド大学がガメラプロジェクトを開始し、3年後にYURI-I号の記録を更新する。

◆勝利への道
ガメラプロジェクトの成功に刺激を受け、人力羽ばたき機の開発などに取り組んでいたトロント大学のチームが昨年、
人力ヘリコプターの開発に参加を決断する。
2013年春には、両チーム間の競争が激化。どちらのチームも、賞の条件を1つずつクリアしていった。
2013年6月13日、ついにトロント大学のアトラス号が1回のフライトで3条件を見事クリア。7月11日、正式にシコルスキー賞の
受賞が発表された。
チームリーダーのキャメロン・ロバートソン(Cameron Robertson)氏は、「ようやくコントロールが可能になった。
3メートルの高さや60秒の滞空時間は達成できていたが、“箱”の中に留まるのが難しい」と語る。
チームは発想を転換。機体の柔構造を逆に利用して、中心部の操縦席と回転翼の部分をワイヤでつなぎ、
パイロットが体を傾けると回転翼も傾く仕掛けを編み出した。
「直感的に操縦できるようになって、反応も速くなった」とロバートソン氏は話す。「この方法だと、重量も8%軽くて済む」。
歴代の人力ヘリコプターは非常に繊細な作りで、屋外での飛行は難しい。しかし、アトラス号のシンプルな制御方法のおかげで、
事前のバランス調整作業は大幅に軽減された。いずれオリンピック競技に採用される日を夢見て、アトラス号を生み出したチーム
「アエロベロ」は、既に次の目標に向かっている。
続きを読む
posted by 科学マン at 04:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。